2005年12月20日

何切る?(24)

ジャストフィットさんの実戦譜から
一発、ウラ有り、赤無しの最高位戦ルール

点棒の平たい
東3局 ドラB 親 9巡目
11245667789發發 ツモ2


場に1、3各1枚、9が2枚見えのタンピン場。

本人のコメント「オラやっちまっただ・・・」
posted by おさむ at 10:15| 東京 ☀| Comment(20) | TrackBack(1) | 何切る? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちぃーす。元気かい?
久しぶりの何切るですね。
我々クラスだと【發】しか切れないですねぇ。

鳴いてもマンガンあるし、しょうがないからと5800点にしたくない。

3引きがロス?って意識もあまり無いです。
最低12000を狙うわけだから、それくらい当然だという感覚。

發を切らない人は打1ですかね?
その場合の二枚目の發はどうするのでしょうか?
Posted by 名無しっち at 2005年12月20日 12:54
ほぼ100%發切ります!チンイツの方が高いからね〜w 瞬間テンパイを逃す牌も受け入れを広げることになるし、それで結果アガリを逃しても何とも思わなそうです。
Posted by たんばら at 2005年12月20日 16:05
發でそ。

つーか。發以外切れね(・∀・)
Posted by 大椰子 at 2005年12月20日 17:11
發です。
3引きも裏目ではなく、むしろ有効牌ですからね。
Posted by ロジカル at 2005年12月20日 18:41
はあ?

俺は9sの時も全然あるかな
何でチンイツの方が高いの?
メンホンチートイならハネ満じゃん
何、5800って?
緊急事態以外鳴かねえもん

458重なりそうだし
バッタで即リーでもいいし

この牌姿で
「100%」とか「發以外切れね」
って相当浅くねえか?
Posted by 最速君♪ at 2005年12月20日 19:47
はじめてカキコミします。
どうもです^^
發かまたは9切ったりもします。
ドラひいたらチートイドラ2も考えそうなので難しいですね。
鳴きも考えたら發がいいのかもしれませんが・・。
Posted by 雀吉 at 2005年12月20日 21:33
配牌と全員の捨牌状況ないとわかりませんが、多分この牌姿の場合2s重ねる前からトイツ手意識してると思います。となれば打9sです。でもツモ2s以外のツモの傾向や河の状況から4、5s辺りに感触なければ1s切るかな…
まぁほぼ9s打ってチートイツになりそうです。待ちは現時点では3>5>4>8の順にとりそう?です。
後ツモ3s以外でシャンポンテンパイした時はコーツ>トイツって事で(笑)即リーチ!
Posted by テルキナ at 2005年12月20日 22:08
ここでのマジョリティは発ですか。
なんか普通ですな。

私も思考停止で発打ったのですが、ツモは3発、そして1を引いたのが14巡目。
2打ったんですがその後ソウズは出現せず流局でしたあ。

このアガリ逃がしがその日一番の敗因だと、考えてます。
鳴いてもマンガンあるという甘さが、トイツ場含みの状況判断を曇らせてしまった。

Posted by ジャストフィット at 2005年12月20日 22:39
その通りだね

手牌だけ、場況だけ、ツモだけで打ってると偏った雀になりがち
それじゃ鳳凰のように優雅に羽ばたけない
Posted by 最速君♪ at 2005年12月20日 23:39
お久しぶりですm(__)m
自分は受け責めを考え2ツモ切りします‥
ツモ3打1でメンホン一通のテンパイ、ツモ58で打1でメンホン一通のテンパイ、打2で1、Rのシャボで取れますし‥
タンピン場ってのが気になりますが‥
11245667っていい形だと思うんですけど、これは手牌だけ見てるのかなぁ?!
最悪Rのポンテンに取れるし、リーチがかかってもRの対子落としで回りながらのチンイツも悪くないと思います。
メンホン七対子は拒否してますが‥
2の重なりで七対子を考えた方がいいのでしょうけど‥
Posted by 斗南 at 2005年12月21日 01:47
初カキコです。どうもです。
やっぱりマジョリティは發なんですかね?
第一印象だけで言えば9索なんですが・・
自分のシステム的にはテンパイ時の
待ち牌としては458索は絶好、て感じじゃないんで
(強いて挙げれば4索ですかね?)
待ち変えする余裕があれば月並な字牌単騎にしそうです。
以上です。失礼しました。
Posted by 大門 at 2005年12月21日 01:53
何切るに答えるのに特例や場況によっては、とか入れたら『これ』って答えられないと思いますが。

メンホンチートイでのツモハネも面前でチンイツのツモハネも、ほぼ同じ確率かと思いますが。

ならば、読みを入れない選択では、面前オンリーより、1or2のポンテンで12000点の両面テンパイを入れられる發切りが優れてる気がしますが、ズレてますかねぇ。

それと、この手をアガリそこなった事とその後の牌勢は無関係だと思います。
アガリそこなった事を引きずって打牌がおかしくなったなら、選択の是非より心の問題だと思います。

ちょっと酔ってて大口でスミマセンです。
Posted by 名無しっち at 2005年12月21日 04:19
なるほど!言われてみれば確かにそうですね!場況、ツモ、手牌に合わせた柔軟な1打は何かという発想が飛んじゃって、「この手は發を切らなければいけない」ものと思い込んでしまっていました…。勉強になりました〜!僕もなんとなく4は重なりそうな気がします。次は8かな?5が一番重ならなそうな予感。
Posted by たんばら at 2005年12月21日 13:59
酔った勢いとはいえ、場の空気を壊し過ぎですね。

どうもすみませんでした。
できれば削除をお願いします。
Posted by 名無しっち at 2005年12月21日 14:23
「受け責め」じゃなく「受け攻め」でした‥
失礼しました(^o^;
自分で麻雀の責めって何やねん?!って一人ツッコミしてました(^o^;
Posted by 斗南 at 2005年12月21日 18:45
まあ、その〜
デジタル思考とオカルト思考みたいなもので
麻雀はいろんな意見や考えがあるから面白いですよね
僕が言いたいのは
「絶対」とか「100%」とかってのは
一番成長を妨げるって事
それから平面の何切る?なら、プロ同士のディベートにはならないでしょ?って事かな

ちなみに何でも鳴けるメンツや、僕がDリーグだったら、發切るかもね

心の問題・・・
確かにその考えもありますね
むしろそっちの方が普通なんでしょうね
僕もジャストフィットも、そこは何年も前に通過していると思ってます
何が何枚切れという設定での話をしてたので
ちょっと食い違ったのかな〜

一次元・・・自分の手牌を正確な手順で打つ
二次元・・・捨て牌による場況判断
三次元・・・捨て牌や手出し・ツモ切り、などから手牌構成や進行、心理状態を読む。そこから残りの山を読む
四次元・・・あらゆる因果関係や経験則、運の偏りなどを考慮し、ベストな打牌選択。ツモ筋なども読む

一次元までを知識
二次元・三次元を技術
全てを足して麻雀力・勝負力
Posted by 最速君♪ at 2005年12月21日 19:19
こういう意見の交換がしたくて
おさむも始めたんだから
別に場の空気、壊してないと思いますよ
むしろ俺がぶっ壊してるかも・・・

てかおさむ!
早く何切る問題、卒業しろw
Posted by 最速君♪ at 2005年12月21日 19:23
私の設問がいいかげんすぎたようでw

この何切るをのせてもらったのは、形で打ってしまってる自分への戒めであり、そうなってほしくない若手への警鐘が、主眼でした。

「何をえらそうに」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、私なりの麻雀への殉じ方だと今は考えております。

まあ、すでに古い感覚なのは否定しません。
願いは唯一、圧倒的に強く、しかも若い打ち手が早く現れてほしい。
そのためにはいかなるバックアップも惜しまないです。

あ、最速君は若いって?
微妙w

あとはブログマスターにお任せしちゃおう!


Posted by ジャストフィット at 2005年12月21日 22:08
いやぁー、改めていいブログだと思いました。
最速さんが私の日頃考えていることを端的に説明してくれて本当に嬉しい。
この人、本当に麻雀強いし(当り前ですね。すみません。)頭もいいよね。アカウンタビリティもものすごく高い!
あさむさんも頑張ってください。
新企画期待しています。
Posted by 匿名希望 at 2005年12月22日 12:25
>最速サン

一〜四次元の考え方、自分はその通りだと思うんですけど、巷で強い強い言われてる人の中には、四次元に関しては否定してる人とかもいますよね?別に誰ってワケぢゃないですけど。その辺はどう思いますか?
Posted by A at 2005年12月28日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10855293

この記事へのトラックバック

和尚の独り言5
Excerpt: 〜如何打寺(どううつじ)和尚によるためになる記事の紹介〜
Weblog: 如何打寺和尚の悩める一打
Tracked: 2008-11-07 19:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。