2005年10月03日

何切る?(10)

お、ついに何切るは2桁にw

多口研究会からの出題
状況なしのフラットな何切るです。

ドラF
四五@@ABCDDEF778


さて・・・
何切る?ってやっぱ場況無いと難しいかな?
ちょっと文字大きくしてみたりw
posted by おさむ at 11:23| 東京 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 何切る? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Dで良くね?
つーか俺レベルではそれしか切れねー。
Posted by 名無し at 2005年10月03日 13:04
>名無しさん
俺レベルでは・・・って自分を卑下する知り合いの人いたかなぁw
と色々想像してみる。

この問題は何切っても間違いぢゃないんですよね、まぁBCEFっていう人はいないでしょうから・・・
Posted by おさむ at 2005年10月03日 13:15
D切り。
ストレートなピンフテンパイでもOKだけど、FまたはGを引けると嬉しいですね〜。
Posted by ロジカル雀士 at 2005年10月03日 14:29
D切りで‥
もし778の部分が667のようにタンヤオ確定になるなら牌効率は悪くなりますが@の対子落としをしますが‥
この牌姿なら完全イーシャンテン(!?)の形を残します(^-^)
Posted by 斗南 at 2005年10月03日 19:10
あ、オレのじゃん!どうせオレはD切って失敗しましたよ〜だ!テンパイ打牌の7がピンフテンパイに間に合っちゃったんだよね…。あの時はノータイムでD切っちゃったけど、今よく考えてみてもD切りそうだなぁ… @は手かかんないなぁ。BEじゃリーチ打てないし。高打点の可能性と裏目の少なさはわかるんだけどね〜
Posted by たんばら at 2005年10月03日 20:23
7切る人少ねーんだなぁ・・・
オレ相当な確率で7切るけどなぁ。
Posted by A at 2005年10月04日 10:27
書いてるみなさんには言ったと思いますが、@、もしくは7です。
Posted by しなちく at 2005年10月04日 10:55
>Aさん
いらっしゃい^^
やっと違う意見が出たよ
7切りの理由は?

>たんばらさん
D切って失敗って・・・
何切っても失敗する時は失敗するだろw
この手牌だったら3,4回に1回は裏目引いたり失敗したりするべ

>ロジカル雀士さん
知ってるw
むしろ@に手をかけたらびっくりします^^

>斗南さん
ん、これでも俺は@切りますw

>しなちくさん
ん、これも知ってるw
D切りってしなちくっぽくないもんw


これBEでリーチかけて1326引いて「俺って強ぇ!さすが俺!」って顔してる痛い子がDリーグとかにわんさかいるよね・・・
打@ツモ三、六でテンパイ組まないのを考えちゃう俺も痛い子か?w
Posted by おさむ at 2005年10月04日 11:05
@を切る理由書いてなかったですね、瞬間デジタルなのはもちろんDですが、僕はこのピンズの並びでDを切ることに違和感があるんです。ピンズの形が不自由になりますし。ドラF引きでの頭入れ替えの変化とGH引きのイッツーがありますが、@切りでもFに対応できるしGはイッツー、もしくはタンピンへの振り変わりもあります。@切った後に6を引いても7切れば充分形のシャンテンと、多口さんが言っていましたが裏目がもっとも少ないのが主な理由です。BE待ちになってもBがゼツテン!とかでもさすがにダマですがテンパイは取りますよ〜
Posted by しなちく at 2005年10月04日 23:08
おさむっち、それは違うよ〜。僕は結果が伴わなかったことにものすごくショックを受けてるんだ。だって決勝は一発勝負でしょ?あそこで7を間に合わせてしまったという結果がある以上、反省すべきだと思うんだよね。3,4回に1回裏目をひくのは当たり前っていう考え方をしていたら、そういう決勝でも自分の力を出し切ろうとする気持ちが弱まっちゃう気がするんだ。でも、後悔はしてないよ。そのときの自分の指がDを選んだんだから‥‥。でも、それは自分の力の無さだと思うから、また頑張ろうっていうこと。リーグ戦とかだったら長期戦だから、話が違うけどね。ちょっと本題からそれちゃったかな?すいません。ちょっと熱くなってしまいましたw
Posted by たんばら at 2005年10月05日 10:26
〉たんばらさん
すいません、前言撤回します。
ちょっと発言が軽かったね…
もし俺が決勝残ったとしてもそんな考えは切り捨てるだろうしね。次にどうするか?を考えるよ^^
今でもあの準決勝のことも考えているし…

次は…倒す!
Posted by おさむ at 2005年10月05日 14:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。